*

13号対空電探の開発レシピ

公開日: : 最終更新日:2018/08/28 電探

13号対空電探
13号対空電探は、見ての通り性能としてはイマイチです。
しかし、「13号対空電探改」の改修に必要な装備となっております。

では、どんなレシピが良さそうなのか?

開発レシピ(その1)

開発レシピ
<低コストで開発>

【10/10/100/100】(確率:約3.5%)
・秘書艦:「軽巡洋艦」「駆逐艦」など

「低コストで、出やすい」となると、この狙い撃ちレシピが良さそう。
また、緊急で必要な時なども、このレシピを回してみてもいいかも。

開発回数は少ないですが【10/10/110/110】も、少し高い『約4%』の確率で開発できていますね。

開発レシピ(その2)

開発レシピ
<32号・33号・14号など幅広く開発>
【10/11/251/250】(確率:約2%)
・秘書艦:「戦艦」「正規空母」など

電探レシピの中では、有名な開発レシピの一つです。
しかし、1回あたりの開発がとても重いことや、13号対空電探は他のレシピよりも少し低めの確率。
長期間かけて、じっくりと開発するのに向いているレシピですね。

開発レシピ(その3)

開発レシピ
<33号・22号が開発可能>
【10/10/200/150】(確率:約3%)
・秘書艦:「軽巡洋艦」「駆逐艦」など

(その2)の開発レシピのコストを、少し抑えたもの。
32号や14号などは出ないですが、33号は大体同じ確率で出るようです。
ちなみに、『33号:約2%』『22号:約1.5%』程度のようです。

開発回数が少ない方レシピでは【10/20/200/150】が『4.5%』と少し高いです。

--
ざっと見た感じ、『2~4%程度』のようなので
100回開発して「2~3個」出れば、順調と考えよう。

13号対空電探の初期装備艦

13号対空電探の場合、基本的に牧場がメインとなりそうです。
初期装備(改造等)で持ってくる艦娘は、次のようになっています。

<戦艦>
榛名
・榛名改二(LV.80)

<重雷装巡洋艦>
木曽改二
・木曽改二(LV.65)

<駆逐艦>

・時雨改二(LV.60)
・風雲改(LV.30)
・沖波改(LV.30)
・高波改(LV.30)
・早霜改(LV.30)
・清霜改(LV.30)
・浜波改(LV.30)
・卯月改(LV.25)
・島風改(LV.25)
・雪風改(LV.25)
・水無月改(LV.20)
・朧改(LV.20)
・曙改(LV.20)
・漣改(LV.20)
・潮改(LV.20)
・涼月 (LV.1)

艦これ二期に移行したことで第七駆逐隊(朧、曙、漣、潮)から13号電探が貰えるようになったようです。
これにより、13号電探の量産が一期の頃に比べて簡単になりました。

手早く開発で済ませたり、時間に余裕があれば牧場で量産してもいいですね。

ーー
以上、13号対空電探の開発レシピでした。

Pocket

スポンサーリンク

にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ

Message

※頂いたコメントは管理人が一読してから表示となります。表示は【半日~1日】を目安としてください。

関連記事

22号対水上電探の開発レシピ

22号対水上電探そのものは、そこまで性能が良い電探ではないですが、 【22号対水上電探改四】や

記事を読む

開発100回勝負!電探編

電探、弾着観測射撃が導入される前は戦艦に装備させる定番でもありました。 今でも入れている人

記事を読む

装備開発記事

15.5cm三連装副砲の開発レシピ

【15.5cm三連装副砲】は、2017年の6/23にアップデートによって改修が可能となりました。

記事を読む

13号対空電探の開発レシピ

13号対空電探は、見ての通り性能としてはイマイチです。 しかし、「13号対空電探改」の改修に必

記事を読む

開発100回勝負!三式爆雷投射機編

開発100回勝負! 三式爆雷投射機編 三式を開発する理由は潜水艦狩りでの駆逐艦育成で 三式を

記事を読む

開発100回勝負! Ro.43水偵編

Ro.43水偵はパスタの国の水上偵察機です。 火力が上がる偵察機なのである程度の量は所持してお

記事を読む

三式爆雷投射機の開発レシピ

三式爆雷投射機は、開発できる爆雷装備の中で一番数値が高い装備です。 もしも、この装備を開発・量

記事を読む

スポンサーリンク

  • 不定期記事等はTwitterでお知らせしています。
    フォローはご自由にどうぞ~。

    たまに何か喋っているかも?



  • にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
    艦これブログランキング一覧へ

    あなたの1クリックが励みになります。


PAGE TOP ↑